hyperMILL「マルチブレード」パッケージ

インペラの加工で世界で高い実績と評価を得るCAMソフトウエアが「hyperMILL」です。5軸対応CAMとして世界で多くのユーザーから活用されている「hyperMILL」ですが、インペラ向けの専用機能「マルチブレード」パッケージによって、特別な知識やスキルを必要とせずに、要求されるツールパスとプログラムを短時間で作成します。インペラの他、ブリスクやプロペラ等、回転部品に適用することが可能です。

 

インペラ/ブリスクの加工を実現する7つの加工パッケージ

hyperMILLの「マルチブレード」パッケージは、7つの加工機能で構成されています。インペラに必要な加工、用途に合わせて特化した機能が分類されており、専門的な機能を迷うことなく使用することが出来ます。

マルチブレード荒加工

荒加工専用機能。旋削された材料または中仕上げ加工の状態のモデルから加工が必要な箇所に、形状に沿った動作で、効率的なツールパスで荒加工を行います。

マルチブレード荒加工
マルチブレード荒加工2

マルチブレードハブ仕上げ加工

工具の側面を曲面に沿わせながら加工を行うスワーフ加工を、インペラの翼面に使用します。工具の側面を使用する為、切削ピッチは大きくなり、加工時間の短縮と仕上がり形状が改善します。
翼面を認識して工具軸は自動制御される為、シンプルな操作でプログラムの作成を行うことが出来ます。

マルチブレードハブ仕上げ加工
マルチブレードハブ仕上げ加工2

マルチブレードポイント加工

リーディング・エッジやトレーリング・エッジを個別に加工を行う際に使用します。

マルチブレードポイント加工
マルチブレードポイント加工2

マルチブレードフランク加工

ハブ面と翼面の境界部のフィレット加工に使用します。フィレット半径が一定ではなく、徐変している場合や、ハブ面や翼面とは異なる工具を使用する際に、削り残りを認識して、形状に沿ったツールパスを作成します。

マルチブレードエッジ加工

リーディング・エッジやトレーリング・エッジを個別に加工を行う際に使用します。

マルチブレードフィレット加工

ハブ面と翼面の境界部のフィレット加工に使用します。フィレット半径が一定ではなく、徐変している場合や、ハブ面や翼面とは異なる工具を使用する際に、削り残りを認識して、形状に沿ったツールパスを作成します。