hyperMILL(ハイパーミル)

CADCAMソフトウエア

hyperMILLは2軸加工から5軸加工、旋削、積層まで完全対応するCADCAMソフトウエアです。 5軸CAMとして世界で高い評価を得ており、全世界で20,000ライセンス/7,000社以上の実績を誇ります。自動車・航空宇宙・半導体・機械・医療・金型など幅広い業種で使用され、ほぼすべての工作機械メーカーが5軸CAMとして推奨・採用しております。開発元はドイツのOPENMIND社。常に最新テクノロジーを開発し、業界を常にリードし続けています。

hyperMILL

Openmind

hyperMILL

FFCAM(エフエフキャム)

CAMソフトウエア

FFCAMは精密部品の金型や高精度な金属加工を必要とする世界各国のユーザーから高く評価される工作機械メーカー、牧野フライス製作所(MAKINO)が開発した3DCAMソフトウエアです。
工作機械メーカーとして築き上げた、FF加工理論に基づく加工条件をデータベース化。加工条件データベースを参照し、主軸回転数、送り速度、切り込み量が自動的に設定されます。

FFCAM

MAKINO

FFCAM2

FFCAM

FFeye(エフエフアイ)

CADCAMソフトウエア

「FF/eye」は全世界で豊富な導入実績を誇るハイエンドCAD、Siemens「NX」と高精度な金属加工を特徴とする大手工作機械メーカー、牧野フライス製作所(MAKINO)が開発したCAM「FF/AUT」が融合したCADCAMソフトウエアです。NXはハイエンドCADとして、業界トップの充実した機能により、自動車をはじめとした幅広い業種で使用され、全世界で豊富な実績を誇ります。作業履歴を残すヒストリ型モデリングと、シンクロナステクノロジーによる履歴に依存しない柔軟な形状変更を同時に実現しております。

Fusion 360 with PowerMill(フュージョン 360 ウィズ パワーミル)

CAMソフトウエア

Fusion 360 with PowerMillは、 3軸加工から5軸加工まで対応した高機能CAMソフトウエアです。AUTODESK社開発クラウドCADソフトウエアFusion 360 の拡張機能として運用することが可能です。金型加工において世界の多くのユーザーから使用されています。切削加工のほか、積層造形、ロボットプログラミングを可能とします。

AUTODESK

PowerMILL

VERICUT(ベリカット)

シミュレーションソフトウエア

VERICUT(ベリカット)は工作機械で実行されるGコードNCプログラムのシミュレーションソフトウエアです。工作機械で加工を行う前に、PC上でCAMソフトウエアで作成したNCデータの検証を行います。PC上で工作機械とその動作を再現し、プログラムによるエラーや衝突などのトラブルを未然に防ぎます。CADデータを活用することで、削り残り/削り過ぎの詳細な検査を行うことも出来ます。
さらには、シミュレーションのみならず、送り速度の分析と最適化を行う「Force」はベリカットの特徴的な機能の一つです。

VERICUT

CGTECH