シンプル操作で高精度な3D加工

hyperMILLの3軸加工は、アップデートされた最新機能により、極めてシンプルな操作で高精度、高品位加工を実現します。部品加工から金型加工まで、幅広い加工に対応致します。

hyperMILL3軸加工

切削サーフェイス自動延長

hyperMILLは自社開発のCADソリューション「hyperCAD-S」のテクノロジーを応用し、内部で自動的に加工面の延長を行います。ツールパスは自動的に延長され、高品質な加工面の仕上がりをを実現します。従来、延長面を作成する為に、事前にCAD作業が発生していましたが、作業は不要となり、プログラム作成時間の短縮を実現しております。

切削サーフェイス自動延長

高精度モード

大物プレス金型など、要求される高品質に対応した「高精度モード」。「高精度モード」では、近似計算モデルではなく実際のCADモデルの面を使用してツールパスが計算されます。許容誤差がµm範囲内の極めて精密な加工を実現できます。NCポイントが切削トレランスに合わせて最適化されるので、均一な切削パターンが得られます。

高精度モード
3D走査線仕上げ加工画面

hyperMILLの主な3D加工機能

3D等高線荒加工

3D 等高線荒加工(ワーク指定)

指定したストックモデルを認識し、効率的な荒加工ツールパスを作成します。 加工後にはストックモデルを自動更新が行えますので、削り残り部を次のジョブへ継承することが可能です。

3D最適化等高線荒加工

3D 最適化等高線荒加工

大径工具で荒加工したあとの削り残り部を小径工具で追加工するツールパスを作成します。 切削量の小さい領域へのツールパス作成を抑制したり、削り残り部の境界線を作成したりする機能が備わっています。

3D 走査線仕上げ加工

3D 走査線仕上げ加工

切削モデル全体または指定した領域に対して倣い加工ツールパスを作成します。
ツールパスの走行パターンは『X・Y軸』『オフセット』『フロー』 など全8種類が選択可能です。主に緩斜面部の仕上げ加工に使用します。

3D 等高線仕上げ加工

3D 等高線仕上げ加工

切削モデル全体または指定した領域に対して等高線状のツールパスを作成します。 ツールパスの走行パターンは「高さ」「ポケット」「スパイラル」「ジグザグ」の全4種類が選択可能です。 主に傾斜面部の仕上げ加工に使用します。

3D シェイプ仕上げ加工

3D シェイプ仕上げ加工

切削モデルに対して等高線状のツールパスを作成します。 従来の「3D等高線仕上げ加工」と同様に Z一定のツールパスが作成可能なほか、指定したドライブ面基準の階層状ツールパスが作成可能です。 主に湾曲した底面を持つ製品形状の仕上げ加工に使用します。

3D 面沿い加工

3D 面沿い加工
 

選択したサーフェイスのUVラインに沿ったツールパスを作成 します。切削モデルの流れに沿った加工が可能ですが、複数にまたがったサーフェイスを加工する場合には各サーフェイスのUVが正確に揃っている必要が有ります。主に凸フィレット部などの部分加工に使用します。

3D フリーパス加工

3D フリーパス加工

指定した3次元輪郭をなぞるツールパスを作成します。工具軸方向への追い込み加工が可能です。主に製品形状への文字彫り加工やケガキ加工、リブ彫り加工に使用します。

3D 平面加工

3D 平面加工
 

切削モデル内の平面部分を仕上げるツールパスを作成するジョブです。使用するホルダーや工具長にあわせて加工範囲が自動調整されます。

3D 等高線最適化加工

3D 等高線最適化加工

加工領域を「緩斜面部」「傾斜面部」に分割し、緩斜面 部には周回(走査線)パスを、傾斜面部には等高線パスを作成します。主に形状全体の一括仕上げ加工に使用します。

3D 3次元ピッチ加工

3D 3次元ピッチ加工

指定した領域内を加工面に均等なピッチで加工するツールパスを作成します。主に製品形状の仕上げ加工に使用します。

3D ペンシル加工

3D ペンシル加工
 

指定した「参照工具径」をもとに切削モデル内の隅部を検出し、各隅部をなぞるツールパスを作成します。主に隅部の荒加工や、コーナー部の仕上げ加工に使用します。

3D 削り残り部加工

3D 削り残り部加工

指定した「参照工具径」から切削モデル内の隅部を検出し、各隅部を仕上げるツールパスを作成します。ペンシル加工と異なり、隅部の外側から内側へ徐々に加工することができます。主に隅部の仕上げ加工に使用します。

3D リワーク加工

3D リワーク加工

「3Dリワーク加工」は他のジョブと異なり、作成済みのジョ ブに対して様々な処理を行うための機能です。工具やホルダーを変更した状態で干渉チェックを行ったり、ツールパスはそのままで加工方向を変更したりすることができます。またホルダー干渉チェックにてクリップ・削除されたジョブを再利用することも機能の1つです。

3D リブ加工

3D リブ加工

リブ形状や深い溝部対して荒加工・仕上げ加工ツールパスを作成します。テーパー工具が使用できるほか、工具が干渉しないよう走行位置を調整(干渉回避)することが可能です。

3D エッジ加工

3D エッジ加工

リブ形状や深い溝部対して荒加工・仕上げ加工ツールパスを作成します。テーパー工具が使用できるほか、工具が干渉しないよう走行位置を調整(干渉回避)することが可能です。