CAD/CAM・シミュレーション

基本機能

[ハイライト] ユーザー定義の工具

この機能拡張により、選択した2Dサイクルで加工に使う工具の形状をユーザーが任意に定義できるようになりました。hyperMILL®では、この任意の形状の工具に合わせてシミュレーションや干渉チェックが実行されます。

この機能は、次の2D加工に適しています。
■ (3Dモード)輪郭加工
■ 2Dプレイバック加工
■ 2Dプランジ加工

メリット:柔軟な工具定義、干渉チェック中の安全性の向上、特殊 工具への対応

hyperMILL® MAXXMachining

[ハイライト] ハイパフォーマンス加工(HPC)

荒加工のプランジマクロにおいてスピンドル回転数を調整する新しいオプションがサポートされました。スピンドル回転数を変更しその速度変化に応じたドゥエル時間を指定できるので、工具への負荷が少ない加工が可能になります。このオプションは、2.5D、3D、および5軸加工の各荒加工ジョブに使用できます。

メリット:工具負荷の軽減、プロセスの信頼性の向上

CAM – 2.5D加工

[ハイライト] 2D T-スロット加工(3Dモード)

これは、Tスロット工具を使用してT溝を効率よく加工するための新しい加工手法です。さまざまな工具参照点の使用とZ切り込み量の最適化によってTスロット工具を使用したT溝の安全な加工が実現されます。すべてのツールパスについて干渉チェックが行われるため、最大限の安全性が提供されます。

メリット:T溝に対する迅速な加工、高い操作性

CAM – 3D加工

[ハイライト] 3D最適化等高線荒加工 標準ポケット

この拡張機能を利用すると、標準ポケットを荒加工領域の形状にフィットさせ、効率的に加工できます。その結果、高速加工に対応する工具を効率よく使用できるだけでなく、工作機械の移動が直線になることから、従来よりも送り速度を速くすることが可能です。この加工は、単独の標準ポケットとして実行するか、通常の荒加工と組み合わせた標準ポケットとして実行することができます。標準ポケットのツールパスと未加工部分のツールパスは、最適な動きになるよう接続されます。

メリット:シンプルで迅速なプログラミング、高速な加工

CAM – 5X加工

[ハイライト] 5Xスワーフ1カーブ加工

操作性を大幅に向上する2つの機能が追加されました。選択した面の形状に基づき、スワーフ加工で使用する為の完璧な曲面と曲線が自動で作成されます。内側のコーナーに対しては、自動的にフィレットが挿入されます。これにより最適な加工が実現されます。

メリット:高い操作性、シンプルで迅速なプログラミング

CAMミルターン

[ハイライト] hyperMILL® ミルターン・リンクジョブ

hyperMILL® ミルターン・リンクジョブを使用すると、同一の工具を使用して加工できる複数のジョブを1つのジョブにまとめることができます。ステップ間のリトラクトの動きを省くことができるので、エアカットや不要な処理時間を大幅に削減できます。

メリット:加工時間の削減

お問い合わせ

お問い合わせお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。

  • TEL:0276-40-1589
  • FAX:0276-40-1566
  • メールでのお問い合わせ