CAD/CAM・シミュレーション

工具データベース

[ハイライト] TOOL Builder

新しい hyperMILL® TOOL Builder 使用すると、hyperMILL® で使用する加工用ホルダーを手早く簡単に作成できます。直観的な操作ウィザードにより、サプライヤーカタログからIGESあるいはSTEPフォーマットを使用して工具ホルダーのデータを直接インポートできます。作成したホルダー、サブホルダー、および旋削工具ホルダーをひとつにまとめて NC ツールとして hyperMILL® 工具データベースに登録できます。すべての部品が完全に干渉チェックされます。このように、切削用の工具ホルダーとサブホルダーは、サプライヤーからのオリジナルデータと合わせて hyperMILL® へインポートできます。ホルダーやボーリングバーなどの hyperMILL® ミルターン工具は、サプライヤーカタログから 1:1 でインポートできます。
これにより、複雑なホルダーも細部まで忠実に再現して、hyperMILL® へ反映されます。

verup_2016_03

CAM – 3D モード

[ハイライト] 3D 平面加工

この新しい加工手法で、平面部の仕上げ加工が行えます。平面フェイスを直接選択するか、当該平面での自動選択を使用して加工対象範囲を設定します。ストックによるツールパスのトリミングがいつでも可能です。

verup_2016_06

hyperMILL® MAXX Machining

[ハイライト] 5X タンジェント加工*

hyperMILL® MAXX Machining 仕上げ加工モジュールに拡張された 5X タンジェント加工機能が追加されました。この加工手法では、連続するフェイスに対する中仕上げ加工および仕上げ加工で、テーパーバレル工具をサポートしました。
高度な自動化機能により、工具ベクトルが確実に最適化されます。干渉するエリアでは、工具はチルト角またはリード角の制御により干渉回避を行います。新機能の [等高線] および [面沿い] オプションにより、加工対象のサーフェイスを簡単に選択できるようになりました。この加工手法では、ツールパスが自動で作成され、輪郭の選択は不要です。

*MAXX Machining仕上げ加工の保守契約に含まれます。

verup_2016_08

CAM – 5軸加工

[ハイライト] 5X 最適化荒加工(削り残り部)

この新しい加工手法では、前工程の荒加工に基づいて、削り残り部を加工する HSC(高速切削)に最適化されたツールパスが作成されます。位置決め 5 軸加工のメリットは、より短い工具を使用して高度な安定性とパフォーマンスを得られる点にあります。この加工手法は特に、キャビティ形状や工具が届きにくい領域の加工に向いています。

位置決め加工
2つのモードで簡単に使用できます。 [平面] オプションでは、指定された任意の平面からチルト角度を作成します。[3D 範囲] オプションでは、傾斜軸および旋回軸の有効範囲を設定することにより範囲内でチルト角が自動で生成されます。複数の工具軸方向間を接続するツールパスは最適化され、干渉チェックも行われます。

verup_2016_10

お問い合わせ

お問い合わせお待ちしております。お気軽にお問い合わせください。

  • TEL:0276-40-1589
  • FAX:0276-40-1566
  • メールでのお問い合わせ