プログラム作成の自動化『フィーチャー機能』

3Dモデルから自動で形状認識を行うフィーチャー機能によって、ツールパス作成を自動化することが可能です。例えば穴形状を自動認識し、穴の位置や角度、径や深さなど、必要な情報を3Dモデルから取得し、ツールパスの作成が行われます。ソリッドモデル、サーフェイスモデルを問わず、外部から取り込まれたデータに対しても、自動認識します。段付き穴、面取りのついた穴、曲面上の斜め穴など、プログラム作成時間を大幅に短縮します。

フィーチャー機能

『Tスロット認識』『ポケット認識』

hyperMILLのフィーチャー機能は、穴のみならず、ポケットやTスロットなど、様々な形状を認識することが出来ます。形状を自動認識することで、輪郭や加工領域の設定は不要となり、プログラム作成の大幅な時間短縮を実現します。
『Tスロット認識』『ポケット認識』
『Tスロット認識』『ポケット認識』

加工工程と工具の自動割り当て『マクロ機能』

フィーチャー機能によって作成された複数の工程をデータベースに保存し、他のワークへ加工行程をそのまま割り当てることが可能です。例えば、穴加工において、センタリング、ドリル、タップ、面取りといった一連の工程を保存し、他のワークへ適用出来ます。使用可能な工具情報をデータベースに併せて設定をしておくことで、適切な工具が自動選択されます。マクロ機能は2軸加工のほか、3軸加工や5軸加工にも使用することが可能です。
加工工程と工具の自動割り当て『マクロ機能』加工工程と工具の自動割り当て『マクロ機能』